妊婦さん

おなかの線を防ぐには

美容

妊娠線クリームはたっぷりとつけておくことを心掛けましょう。後から線を消すことができないので、多めの商品を購入すると防ぐことができるでしょう。足やお尻などにつくこともありますから、いろんな箇所に塗っておきましょう。

詳細を確認する...

お腹の皮膚の潤いと弾力

妊婦さん

妊娠中にお腹が膨らむと、それによって皮膚が引っ張られて裂けることがあります。この裂け目が妊娠線で、これは長く皮膚に残ることが多いです。そのため妊娠中に、肌に弾力を与えるヒアルロン酸やコラーゲンなどが配合されたクリームで、予防をする女性は多くいます。また、既にできている妊娠線を消すクリームもあります。

詳細を確認する...

妊娠中の乾燥対策にはこれ

美容

妊娠線は妊娠した方のお腹にくっきりと現れる線で、これはひどくなると出産後もお腹に残ってしまいます。そうなると水着などを着る際に抵抗感が出てしまうため、可能であればクリームなどを塗布し線を消していきましょう。

詳細を確認する...

マタニティマッサージとは

妊婦さん

マタニティマッサージは、つわりが終わり体調が良くなった頃から始める妊婦さんが多いです。クリームやオイルを使い、自分の手で優しくマッサージしていきます。なぜマタニティマッサージが人気かというと、まず一つ目に妊娠線を予防できるからという点が挙げられます。妊娠線が出来るかどうかは体質によるとされていますが、事前の予防で減らせるということもわかっています。保湿性の高いクリームやオイルを使い、妊娠線が出来る可能性のあるお腹まわりや胸、太ももやおしりをマッサージします。さらに、リラックス効果が得られるというのも人気の一つです。妊娠中はなにかと体調が変化したり気分が落ち込んだりしがちですが、毎日のマッサージを日課にすることで、心も身体もリラックスできます。

前述したようにマタニティマッサージは妊娠線の予防をするため、リラックスするために是非おすすめします。ここからは正しく効果を得るために注意すべき点を述べます。まずはじめに適切なクリーム、オイルを選ぶということです。妊娠期間には用いない方がいいとされるアロマが存在します。マッサージに使用するクリームやオイルは必ずマタニティ用のものにしましょう。使用する際は使用方法を確認し、適量を塗るようにしましょう。つづいて、お風呂上がりなどの使用時には身体が冷えないよう注意しましょう。妊婦さんにとって冷えは大敵です。マタニティマッサージはお風呂上がりに行われることが多いですが、あまり時間をかけすぎて身体が冷えないよう注意しましょう。寒い時期には部屋を暖めておくとよいでしょう。